アマゾン | KURAGE online

アマゾン | KURAGE online

「 フェイスブック 」 の情報 

ダウ平均は横ばい 議事録への反応は限定的=米国株後半

アマゾン、フェイスブック、アップル、アルファベットなど主力のIT株は上昇。一方、テスラやアプライドが下落。 医薬品のファイブロジェンが

GAFA規制強化論者の任命の裏を読むとハイテク株が下落しない理由が見えてくる

... され、最も市場心理に影響を与えるのは巨大ハイテク企業4社、総称「GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アマゾン)」であろう。

バイデン米政権で巨大ITに逆風?鍵は2人の強硬派

アマゾンのパラドックス. バイデン政権では、グーグルやフェイスブックといった1社に絞って集中攻撃をするというより、アマゾンやアップルなどを

FOMC受けIT・ハイテク株に買戻し=米国株後半

FOMCを受けナスダックは上昇に転じている。テスラやアマゾン、フェイスブックに買い戻しが見られているほか、アルファベット、エヌビディアも

大企業の市場支配に警鐘 IT・製薬、コロナ危機が助長―IMF

米国では「GAFA」と呼ばれるグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムの大手IT企業による市場支配が問題視されている

ハイテク銘柄下落の中、異彩放つオラクル

アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、グーグルの親会社アルファベットなどハイテク最大手も平均で5%超下落した。 投資家は

UPDATE 1-米国株式市場=下落、国債利回り上昇受けテクノロジー株が安い

アップル、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト、アルファベット、フェイスブック、ネットフリックスは軒並み下落した。 一方、ゲーム販売の

ダウ平均は横ばい IT株への利益確定売り続く=米国株概況

テスラやアマゾン、マイクロソフト、フェイスブックが下落。一方、ラムリサーチやアプライド、ロクが上昇した。 ワイヤレス充電を手掛ける

ダウ平均は伸び悩むもプラス圏は維持=米国株後半

テスラやアマゾン、マイクロソフト、フェイスブックが下落。一方、ラムリサーチやアプライド、ロクが上昇。 ワイヤレス充電を手掛けるエナジェスが

コロナ禍なのに、なぜ「起業」が世界で急増しているのか

アマゾンの収益は37%も増加。フェイスブックでは1日の利用者が前年比12%増で、第3四半期(2020年7~9月)は前年から

Copyright© アマゾン | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.